成果報酬 営業代行 テレマーケティング アウトバウンド コールセンター

お電話でのお問い合わせ

営業時間 平日9:00〜21:00

ふとした時に

今回も懲りずに成果報酬アウトバウンドや

テレマーケティングとは関係ない内容で恐縮です。

 

人の本質は、ふとした瞬間に出てしまうもの。

そんな瞬間によく遭遇します。

 

○弊社の面接に来訪くださった方に、

私自身がエントランスで出迎え、

面接会場までご案内することがあります。

 

面接の方は、私が面接官と知らずに、

”良い子スイッチ” を入れず、

案内されるがままに愛想なく面接会場に。

 

私が改めて面接官としてご挨拶をさせて頂くと、

相手はビックリ。

急に笑顔を作り、声色を1トーン上げて話し始めます。

 

いやいや、もう遅い、遅い。

 

○コールセンターでのお仕事は相手に顔が見えません。

 

相手に見えていないからといって、

髪の毛を指でクルクル。

机の下で足を組む。

ペンを回す。

 

こういう方には、弊社では一度注意して

改善が見られなければお引き取り願いますが、

こんな方々は獲得件数も少なく、

やはりクレームも多いのです。

 

不誠実な電話応対は不思議と見えなくても

相手に伝わるものですね。

 

○中途採用の社員が大失態を犯し、

会議室に呼び出しました。

 

彼は丁重に詫びているつもりですが、

背もたれに寄り掛かっています。

 

口先だけの謝罪では伝わらないですよね。

心から反省してほしかった。

 

○社長や上司のメール(LINEなど)には

レスポンスが早く、部下にはレスポンスは遅い。

 

人に優劣をつけて仕事をする人は、

好きじゃないなぁ。

 

○上司や身内(同僚)には心配りを

惜しみなくしているが、

掃除をしてくださるスタッフさんや

配送業者さん等には、素っ気ない態度や横柄な態度。

 

そういうところを見る人は見ています。

どんな方にも謙虚でありたいものです。

 

○営業マンが知らない番号からの着信に対し、

愛想なく応対。

そのお電話が大事なお取引先とわかった瞬間、

低姿勢な応対に早変わり。

 

営業マンたるもの、いつ、どんな方から

電話が入ってくるかわからない訳ですから、

どの電話にも爽やかに誠実に応対すれば

良いだけだと思うのですが。

 

誠実で謙虚な営業マン、

なかなか出会えないのが現実ですね。

 

○自分からは話しかけもせず、

自分に関係ない話には一切反応もしない。

 

世の中には苦手なコミュニケーションを

克服しようと努力している人はたくさんいます。

 

「人見知り」や「寡黙」と周りに宣言することで、

自分に逃げ道を作る生き方より、

不器用でも下手くそでも一生懸命に

コミュニケーションを取ろうと努力している人を

私は応援したい。

 

このように、ふとした瞬間に人の見たくない本質が

見えてしまうことが多々あります。

 

逆にふとした時に、愛情に満ち溢れた振る舞いを

目の当たりにすることもあります。

 

標題にもあったように、人はふとした時に

その人の本質が出てしまうものです。

 

しかしながら、誰かに見られているから

気をつけるのではなく、誰が見ていようがいまいが、

常に謙虚で誠実でありたいものです。